大分の高校に通っていた頃、脱毛後の埋没毛が嫌でした

大分の高校に通っていた頃、高校生のころからムダ毛の脱毛は自分でしてきました。

今は自分での脱毛にも慣れ経験も積んだのでそれなりに上手にできるようになっていると思います。
でも高校生のころはいろいろとトラブルを起こしていました。

カミソリで剃るときに肌を切ってしまうことなんていつものことでした。
トラブルのなかで私がいちばん嫌いだったのが脱毛したあとの毛が皮膚の下で伸びてしまうことでした。
いわゆる埋没毛というものです。

そんな埋没毛がいやな方は大分 脱毛サロンでやってもらうことをお勧めします。

当時大分県民の私は埋没毛という名前があることすら私は知りませんでした。
私は脚のムダ毛をよく自分で脱毛していました。

そして脱毛して数日するといつも埋没毛が現われてしまい悩んでいました。
埋没毛が出来るとその部分が赤く腫れたりするのですぐに判りました。

埋没毛を見つけると針の先で皮膚を軽く擦って毛を出して毛抜きで抜いていました。
肌も傷つけてしまいますし結構痛いとこあり本当に埋没毛は嫌なものでした。

About the Author

marulv

View Posts →